GRACE WINE 中央葡萄酒

中央葡萄酒 メニュー

中央葡萄酒 メニュー

明野・三澤農場の今

2015年9月

ヴェレゾン~実りの秋へ

7月19日頃、例年より長く感じた梅雨が明けました。それもそのはずで梅雨の日数 こそ平年並みだったものの降水量は1.7~8倍に達していました。その反面日照時間も平年並みであったことが影響してか、赤品種のヴェレゾン【軟化・色づき・糖度上昇】のスタートは7月30日と、2013年並に早く観測されました。

その2013年と云えば記録的な猛暑の夏として記憶に新しいですが、今年も同様に梅雨明け後から8月中旬まで厳しい猛暑が続きました。2013年はヴェレゾンの入り、その後の成熟も早く進みました。対して同じく猛暑に見舞われた今年はスタートこそ早かったものの成熟の進みは遅いのが特徴です。

梅雨明けが7月初旬と早かったのが2013年、今年はそれよりも2週間近く遅い梅雨明けという違いがあったものの、ブドウの生育に対する気候の影響は大変興味深いものがあります。

三澤農場では、自社畑という優位性を活かして、区画ごとにブドウの生育を見極め、きめ細かな作業を行うと共に、醸造のスタッフと一体となって、2015年の気候が活かされた、グレイスらしいワインを造ることに力を注ぎたいと思っております。

猛暑もお盆を過ぎた頃から、一段落し朝晩の空気には秋の気配を感じるようになってきました。三澤農場今年初のスパークリング用シャルドネの収穫まであと僅か。成熟に必要な日照と昼夜の寒暖差に期待しつつ、収穫までの準備を滞りなく進めます。
(潮上史生)