GRACE WINE 中央葡萄酒

中央葡萄酒 メニュー

中央葡萄酒 メニュー

勝沼・グレイスワイナリー

グレイスワイン

中央葡萄酒は、日本ワイン発祥の地、山梨県勝沼町に1923年に創業。グレイスワインの名で親しまれてきました。日本で千年以上の栽培の歴史を持つ甲州を中心に醸造しています。また、2002年には、日照時間日本一、標高700メートルの明野町に自社畑・三澤農場を開園し、ヨーロッパと同じ垣根仕立てにより、甲州を始めシャルドネ、メルロ、カベルネソーヴィニヨン等欧州系のブドウを栽培してきています。土と栽培努力、そして醸造家の信念が一体となったワイン造りをたゆまず続けてまいります。

グレイスワインの紹介

ワインショップ

グレイスワインは蔦のからまった、歴史を感じさせる建物です。小さな扉をくぐり、2階におしゃれなショールームのようなワインショップがございます。勝沼の代名詞甲州ワインの他、三澤農場産の欧州系ブドウのワインもご購入頂けます。

勝沼・グレイスワイナリーの特長

テイスティングカウンター

ワインショップのカウンターでは、ほぼ全てのワインをグラスでご試飲できます(有料)。甲州の歴史やグレイスワインの歴史を聞きながら、ワインをゆっくりと楽しめます。全てテイスティング専用グラス(ISO国際規格グラス)でご案内致します。

試飲コーナー

日本のワインの歴史に触れる

山梨県勝沼町は、日本ワインの発祥の地として知られています。現在でも、勝沼町には約30のワイナリーがあります。ワイン産業の歴史はここ勝沼町で始まり、勝沼町で育まれてきたのです。

日本のワインの歴史に触れる

三澤農場

山梨県北西部に位置する北杜市明野町は、日照時間日本一を誇り、標高700メートル、日当たりと昼夜の寒暖差に恵まれた、ワイン用ブドウの栽培に適した土地です。この地に、2002年自社畑・三澤農場を拓き、シャルドネ、メルロやカベルネソーヴィニヨン等の欧州系ブドウの栽培から始めました。また、日本の伝統品種甲州の本格的垣根栽培もおこなっています。フラッグシップワイン「キュヴェ三澤」はこの畑から生み出されています。

三澤農場

ワインカーヴ

明野町には、地下に建設されたワインカーヴを備えています。広さ470平方メートル、95樽とワインボトル約6万本を貯蔵できます。自然を生かした最良の環境でワインが熟成されています。

ミサワワイナリーワインカーヴ

勝沼・グレイスワイナリー

グレイスワイン

営業時間 9:00〜16:30

〒409-1315
山梨県甲州市勝沼町等々力173番地
TEL:0553-44-1230
FAX:0553-44-0924

お問い合わせとMAPはこちらから