GRACE WINE 中央葡萄酒

中央葡萄酒 メニュー

中央葡萄酒 メニュー

GRACE

GRACEの冠を持つグレイスワインを代表するトラディショナルブランド

ヴィンテージ情報:グレイス茅ケ岳(白)

産地 山梨県北西部 茅ケ岳山麓・上の山地区
ぶどう品種 甲州種
収穫年 2014年
醸造法 ステンレスタンク醗酵・貯蔵
アルコール度数 11.5%
容量 750ml
小売価格

¥2,160(税込)

酒質 辛口

<Tasting Note>
輝きのあるグリーンがかった淡いイエローの色調。ライム、グレープフルーツなどの柑橘系果実の香り、タイム、芝生の香り、白コショウなどスパイス香などフレッシュな印象。スムースな口当たり、極辛口。冷涼な産地をイメージする生き生きとした酸味が際立っています。香り同様の柑橘系の果実やハーブのフレーバーが口中に広がり、清涼感溢れる引き締まった味わいが特徴。(金子克憲)2015.5.19

VINTAGE:2013

Decanter World Wine Awards 2014 銀賞受賞

産地 山梨県北西部 茅ケ岳山麓・上の山地区
ぶどう品種 甲州種
収穫年 2013年
醸造法 ステンレスタンク醗酵・貯蔵
アルコール度数 11.5%
容量 750ml
小売価格 ¥2,057(税込)
酒質 辛口

<Tasting Note>
澄んで健全、輝きのある淡いレモンイエローの色調。香りのボリュームは中程度、ライム、グレープフルーツの果実香、白い花、白檀の香り、レモングラスなどハーブ香りを感じる。スムースな口当たり、極辛口、冷涼な産地ならではの引き締まった酸味が清々しく、香り同様の柑橘系の果実味、ハーブの風味が感じられる。アフターテイストの僅かな苦みが心地よく、アクセントとなっている。(金子克憲)2014.4.25

 

VINTAGE:2012

産地 山梨県北西部 茅ケ岳山麓・上の山地区
ぶどう品種 甲州種
収穫年 2012年
醸造法 ステンレスタンク醗酵・貯蔵
アルコール度数 11.5%
容量 750ml
小売価格 ¥2,057(税込)
酒質 辛口

<Tasting Note>
グリーンがかった、淡いレモンイエローの色調。透明感があり、とても健全な印象。新鮮なライム、八朔、夏みかん、グレープフルーツにミントの清涼感ある香りが特徴的。大地のミネラルや土っぽさ、スモーキーな香りがこのワインに奥行きを与えている。アタックは心地よく、溌剌とした酸味が口中に大きく広がり、甲州の果皮由来のほのかな苦みがスマートなボディに添えられている。(島田雪子)2013.08.26

 

VINTAGE:2011

Decanter World Wine Awards 2012 銀賞受賞

産地 山梨県北西部 茅ケ岳山麓・上の山地区
ぶどう品種 甲州種
収穫年 2011年
醸造法 ステンレスタンク醗酵・貯蔵
アルコール度数 11.5%
容量 750ml
小売価格 ¥2,057(税込)
酒質 辛口

<Tasting Note>
グレイがかったシルバーメタルのようなクリアな色調。香りは爽やかな印象から入り、新鮮なライムを絞って弾けたニュアンス、キューンとくる締りのある果実、レモングラスのような透き通ったクールな香りから、スワーリングすると、いよかんのような大人の苦味がある果物の果皮とか白いすじとか含めたフレッシュな果物全体の香りが広がり、それと並行して甲州特有の漢方薬のような印象と、スワーリングしたところの奥のほうに練乳ミルクのような甘い香りもある。全体的にフレッシュな印象。
アタックはシャープで酸のヴォリュームがあるが、中盤、膨らみがある酸と果実味が一体となってきて、そのフルーツ感は黄色系柑橘のフレッシュな印象が口中に広がり、前側の部分でバランスがとれてくる。口中の後側は、アフターにかけてすっきりとしたクリアなボディで、酸のヴォリュームが落ち着いてきた後、優しい渋味が浮かび上がってくる。ドライな味わいがボディ全体を引き締めるが、アルコール感は優しいスタイル。(伊東直寿)

VINTAGE:2010

Decanter World Wine Awards 2011 銀賞受賞

産地 山梨県北西部 茅ケ岳山麓・上の山地区
ぶどう品種 甲州種          
収穫年 2010年
醸造法 ステンレスタンク醗酵・貯蔵
アルコール度数 11%
容量 750ml
小売価格 ¥2,057(税込)
酒質 辛口

<Tasting Note>
水晶のような輝きとクリスタルのような透明度の高さを感じる外観。スクリューキャップ採用で若いヴィンテージであれば、世界的に第2アロマ中心のスタイルである傾向にある中で、固いフレッシュな山梨の白桃のような、和梨、もぎたてのグレープフルーツのような果実香が前面に主張、その中に、葛根湯のような漢方薬、薄皮白まんじゅうのような甲州の特長、香りは全体的に開いている。アタックは爽快、シャープでドライ、美味しい酸が最後まで引っ張っていくが、若干青リンゴから黄リンゴのようなフルーツ感が、僅かに酸の後をついていくようなバランス感、美味しい酸のしっかりとしたフルーツを食べているような中盤の印象、苦みを全く感じないクリーンなニュアンスである為、よりピュアに甲州らしい渋みがバランスの中ではっきりと表現され、後半にかけて、その旨みのある渋みと、酸に追いついてきた果実味が口中でハーモニーしてくるところにこのワインの美味しさがある。(伊東直寿)

VINTAGE:2009

産地 山梨県北西部 茅ケ岳山麓・上の山地区
ぶどう品種 甲州種          
収穫年 2009年
醸造法 ステンレスタンク醗酵・貯蔵
アルコール度数 11.5%
容量 750ml
小売価格 ¥2,057(税込)
酒質 辛口

<Tasting Note>
ミネラルウオーターのような硬水のような、透明感のある印象。果実味重視のスタイル。カリンジャムや少し黄色を帯びたピーチの香りが開いていて、ドライなレモングラスやミントのハーブ系の香り、その中に水飴やハッカ飴、黄色系のキャンディーの第2アロマ、燻製したスモークのキャラクターも感じる。アタックは酸の主張が強く、レモン、グレープフルーツの皮、堅いリンゴ、はっさくを果実のまま丸ごとかじっているような果実味の広がり、中盤までは酸味とパラレルに主張。セロリや青野菜の印象、ややパン粉のような優しいモカのようなニュアンスも感じる。アフターに向けて味わいに伸びがあり、甲州のビターなテイストも併せて余韻のひとつを形成している。(伊東直寿)