中央葡萄酒 山梨 甲州 グレイス ワイン

OUR VINEYARDS

山梨県 明野 三澤農場

 

三澤農場は山梨県北杜市明野町の標高700mに位置し、西に南アルプス、東に茅ヶ岳、北に八ヶ岳、南に富士山を望みます。
この山々に雨雲が遮られ、日本一の日照時間を誇ります。
高地の冷涼な気候と豊富な日照時間がブドウの熟度を育むことで、骨格をなす酸と凝縮された果実との類まれなバランスを生み出します。
三澤農場では除草剤や化成肥料を使用せず、日本人ならではのクラフトマンシップを大切にしながらブドウ栽培を行っています。
グレイスワインの名に恥じぬよう、ピュアでエレガントなワインを目指し、心を尽くしてワインを造っております。

栽培醸造責任者 三澤彩奈

中央葡萄酒 山梨 甲州 グレイス ワイン 明野
 

明野・三澤農場の特徴

 

明野のテロワール

山梨県 三澤農場の最大の特長は、長い日照時間、緯度・標高からくる適温、吹き通る南風という自然条件がもたらすブドウの深い成熟です。これに土づくりから始まった、たゆまない栽培努力があいまって、個性的で高品質なワイン用ブドウが生み出されます。

栽培体系

樹間1mの仕立てをメインに、シングル・ギヨ仕立、ダブル・ギヨを採用し、オーストラリアのリチャード・スマート氏と共同開発した果房部のスマート・ジャパン・システムを設置。環境持続的な観点を重視しながら、高品質化を追求する栽培方針を採用しています。

中央葡萄酒 山梨 甲州 グレイス ワイン 明野
 

高畝式栽培

水はけと土づくり効果によるブドウの高品質化を目的に、南アフリカのコブス・ハンター教授の提案によって、2005年に20aの高畝実験圃場を建設し、メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フランの3品種を植栽。充実したブドウ樹の成長と、凝縮感のある高水準なブドウが収穫できる成果を得ています。

中央葡萄酒 山梨 甲州 グレイス ワイン 明野
 

甲州の垣根栽培

1990年より試験栽培を始め、甲州の垣根栽培を2005年から三澤農場にて開始。
現在4ヘクタールに至っています。

三澤農場の甲州は、従来の棚式栽培法と比較したところ、小粒、高糖度(約20%)であり、また有機酸の組成も異なることが分かってきました*。
そこで、三澤農場産の甲州の有機酸の組成を、数年に亘り調べたところ、通常の甲州よりもはるかに多くのリンゴ酸が含まれることが確認されました。
マロラクティック発酵とは、乳酸菌がリンゴ酸を乳酸に分解する反応です。
赤ワインやシャルドネとは相性の良い発酵ですが、長らく、リンゴ酸の含有率が低い甲州には起こりにくいと考えられていました。
しかし、2017年、試験醸造として仕込んだ一樽が、自然とマロラクティック発酵を起こしたのです。リンゴ酸が多く含まれる三澤農場の甲州だからこそ起きた、微生物の神秘に触れた瞬間でもありました。
また、糖度が高く、小房で小粒の実をならせる樹を、醸造家の目線で選抜をしていく「マサルセレクション」も進めています。
醸造の技巧に頼るのではなく、ブドウ畑で、三澤農場の特徴的な味わいを表現していきたいと私たちは考えています。
2014年に、世界最大のワインコンクールで日本ワイン初の金賞を受賞した「キュヴェ三澤明野甲州」ですが、甲州ののびしろを証明するかのように、進化を続けています。



* 日本ブドウ・ワイン学会誌 Journal of ASEV Japan 24(3), 145-152, 2013
『垣根仕立て栽培による‘甲州’ブドウおよびワインの品質特性』
http://www.asevjpn.wine.yamanashi.ac.jp/JAJ/Vol/Vol-24-2013/3/145.pdf

中央葡萄酒 山梨 甲州 グレイス ワイン 明野

 

中央葡萄酒 山梨 甲州 グレイス ワイン topへ戻る