【オンラインショップ限定】
おつまみセット あけの × ナチュラルチーズ【クール代込み】

新商品

¥ 8,230 税込

商品コード: 2100161

関連カテゴリ

  1. おつまみセット
数量

【あけの 2019】

産地山梨県北杜市明野町三澤農場
ぶどう品種メルロ、カベルネソーヴィニヨン
プティヴェルド、カベルネフラン
収穫年2019年


【オッソー・イラティ 】
内容量:100g
賞味期限:2月1日
乳種:羊乳
保存方法:冷蔵
生産者:アグール社
販売者:株式会社 フェルミエ

クール代込みの価格となっております。※当オンラインシステムの都合上、『常温便』利用としてご用命ください。(実際はクール便でお届けします)

日本初のナチュラルチーズ専門店「フェルミエ」。
グレイスワインとフェルミエ様とのご縁は、30年ほど前に遡ります。

メルロ、カベルネフラン、カベルネソーヴィニヨンのアサンブラージュで生まれるメリタージュ「あけの」に合わせたいのは、スペインとの国境付近が生まれ故郷の羊乳チーズ「オッソー・イラティ」です。
栽培醸造責任者の三澤が留学中、ボルドーには特産のチーズが無く、ワインに合わせて最も楽しまれていたのが、同じ地域圏で生産されている「オッソー・イラティ」でした。香りはおだやかで、後味にほのかな甘みと濃厚なうまみを感じるしっとりとしたセミハードチーズです。
ボルドーでは、Gelée de Piment d' Espelette(エスぺレット唐辛子のジュレ)と一緒にいただくことが多かったのですが、香り豊かなはちみつやブラックフルーツのジャムと召し上がっていただくのもおすすめです。明野町の単一畑から造られるしっかりとした味わいの赤「あけの」とお楽しみください。

【アグール社とオッソー・イラティ 】
「オッソー・イラティ」の名前は、産地であるバスク地方の“イラティの森”とベアルン地方の“オッソーの谷”からつけられています。
アグール社はスペイン国境に近いバスク地方の美しい草原にある家族経営の工房です。
アグール社の創業はAOCを取得した翌年、1981年のことでした。
大手乳業会社は存在していましたが、地元民による企業は珍しかった時代、ジャン・エチュレク氏は羊乳を分けてほしいとイラティの農家の人たちを説得し、25 軒の農家から乳を集めてスタートしたといいます。チーズの型の中央に入れられた土地の羊、マネック・テット・ノワールの角こそが、伝統を守り抜く決意の象徴でした。
ジャンは2011年、60歳という若さで亡くなってしまいましたが、ジャンの意思を息子のペイヨがしっかりと継ぎました。バスク文化とオッソー・イラティを多くの人に知ってほしいと、古い道具などを集めた博物館をつくり、更にイラティの森の中にチーズ工場を建設します。森にある農家の減少や衰退を食い止めたい、森の中だからこそ良い乳を集められることを示したい、こうして放牧地の近くに工房を建てることにしたのです。ペイヨは大学卒業後、一旦はパリのコンサルタント会社に就職します。経営をしっかり学んだ後、2001年に故郷に戻ってからは得意な英語を生かし輸出に力を入れてきました。スペイン語はもちろん、農家の人たちとはバスク語で話をすることができますから、農家との絶大な信頼関係が築けたのだと思います。
フェルミエ様ホームページより抜粋
ナチュラルチーズ専門店「フェルミエ」

中央葡萄酒 グレイスワイン