中央葡萄酒 山梨 甲州 グレイス ワイン

WINE LIST

中央葡萄酒 山梨 甲州 グレイス ワイン リスト

中央葡萄酒 山梨 甲州 グレイス ワイン リスト

キュヴェ三澤 明野甲州 2019

VINTAGE 2019

1990年より試験栽培を始め、甲州の垣根栽培を2005年から三澤農場にて開始。
現在4ヘクタールに至っています。

三澤農場の甲州は、従来の棚式栽培法と比較したところ、小粒、高糖度(約20%)であり、また有機酸の組成も異なることが分かってきました。
そこで、三澤農場産の甲州の有機酸の組成を、数年に亘り調べたところ、通常の甲州よりもはるかに多くのリンゴ酸が含まれることが確認されました。 マロラクティック発酵とは、乳酸菌がリンゴ酸を乳酸に分解する反応です。
赤ワインやシャルドネとは相性の良い発酵ですが、長らく、リンゴ酸の含有率が低い甲州には起こりにくいと考えられていました。
しかし、2017年、試験醸造として仕込んだ一樽が、自然とマロラクティック発酵を起こしたのです。リンゴ酸が多く含まれる三澤農場の甲州だからこそ起きた、微生物の神秘に触れた瞬間でもありました。
また、糖度が高く、小房で小粒の実をならせる樹を、醸造家の目線で選抜をしていく「マサルセレクション」も進めています。
醸造の技巧に頼るのではなく、ブドウ畑で、三澤農場の特徴的な味わいを表現していきたいと私たちは考えています。
2020年には、日本のワイナリーとして初めて、畑での酒母洋醪(もろみ)の製造免許を取得しました。ブドウに付着している純粋な土着酵母を使ったワイン造りも始まっています。
2014年に、世界最大のワインコンクールで日本ワイン初の金賞を受賞した「キュヴェ三澤明野甲州」ですが、甲州ののびしろを証明するかのように、進化を続けています。

産地 山梨県 明野/三澤農場
ぶどう品種 甲州
醸造法 ステンレスタンク醗酵・貯蔵
タイプ
味わい 辛口
飲み頃 2021年~
小売価格 オープン価格
 
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2019年

    4月~6月は少雨、多照で経過し順調な生育となりました。山梨県全体では7月は降雨日があり、8月は曇天日が続きましたが、自社の農場では雨の影響も少なく、適切な管理のもとブドウへの影響は最小限に抑えました。9月は残暑も厳しく、好天が続き、成熟期目前で夏の後れを取り戻す天候となりました。
    10月中・下旬には記録的な台風・大雨が日本列島を襲いましたが、幸いにも被害は少なく、熟期を待ち収穫することができました。収穫時の畑での厳しい選果後、ステンレスタンク醗酵、貯蔵を経ています。2019年産の甲州は、総じて酸のレベルが高く、出来上がったワインは引き締まった緊張感が感じられる仕上がりとなりました。何代にも渡る甲州への想いが結実した、日本ワインの未来を託したい一本です。

  • 2018年

    2018年は、6月末には梅雨明けとなり、例年よりも早く成熟が進みました。収量が20hl/ha以下となった2018年の甲州。収穫時の畑での厳しい選果後、ステンレスタンク発酵、貯蔵を経ています。

  • 2017年

    2017年は、初夏と梅雨に、降水量が非常に少なく、開花から結実に好影響を及ぼし、自然な収量制限に繋がりました。グレートヴィンテージを期待していたことを思い出します。
    8月は夏空が広がり、9月に入ると昼夜の寒暖差は20度を超えました。
    10月に二つの台風があったものの、それまでの好天のアドヴァンテージを活かし、さらに成熟のタイミングをピンポイントで見極め、適期に収穫を行ったことにより2017年らしさを表現した理想的なヴィンテージとなりました。

  • 2016年

    暖冬傾向が続く中、平年より高い気温経過で推移した為、2016年の萌芽は過去と比較して最も早く始まりました。5月も引き続き平年を上回る高い気温となり、日照時間も豊富だった為、新梢の順調な生育と開花も非常に早く始まりました。
    心配された梅雨期の天候は比較的良好でしたが、8月中旬から下旬に掛けては早くも秋雨前線と連続した台風の影響により曇天が多くありました。9月上旬に再び青空が戻りましたが、その後約1か月の間は長期に亘る降雨があり、過去数年で最も少ない日照時間となりました。そういった状況で発生する病果の除去作業を含めて、これからの成熟に向けての懸命の農作業の連続でした。天候に恵まれた生育期前半に対し難しい条件となった成熟期。
    お日様が顔を出す日を大切にしながら仕込んだ「キュヴェ三澤明野甲州 2016」ですが、世界最大のワインコンクール、「デカンタ・ワールド・ワインアワード」で、98点という高得点を獲得しました。天候の影響がある中で、基本を何より大切にしていきたいと、改めて強く覚悟したヴィンテージでした。

 

Awards

2013年産 Gold Medal and Regional Trophy (日本ワイン初) Decanter World Wine Awards 2014
2015年産 95点/100点 Decanter World Wine Awards 2016
17点/20点 Jancis Robinson氏 (試飲した日本ワインの最高得点)
2016年産 98点/100点 Decanter World Wine Awards 2017
2017年産 94点/100点 Andrew Jefford氏 “World of fine wine Magazine”(試飲した日本ワインの最高得点)

2019年2月、安倍首相とメルケル首相の日独首脳会談の饗宴の席では、
「キュヴェ三澤 明野甲州 2015」が供されました。

・2017年産
“Green beans and asparagus al dente with straight and dry wine from Akeno, a terroir of altitude on the north of Yamanashi Valley.
The volcanism gives to the Koshu grapes a clear expression on the palate, with a lot of elegance. Congratulations Ayana Misawa!”
「さっと固めにゆでたサヤインゲンとアスパラガスに合わせて、山梨県北部の高地に位置する明野でつくられた辛口ワイン。火山性土壌由来の甲州がピュアでエレガントに表現されている。」
-Olivier Poussier氏(2000年度 世界最優秀ソムリエ)

中央葡萄酒 山梨 甲州 グレイス ワイン topへ戻る