中央葡萄酒 山梨 甲州 グレイス ワイン

WINE LIST

中央葡萄酒 山梨 甲州 グレイス ワイン リスト

中央葡萄酒 山梨 甲州 グレイス ワイン リスト

甲州鳥居平畑プライベートリザーブ

VINTAGE 2020

勝沼は甲府盆地の東端に位置する日本一の甲州の生産地です。
勝沼一帯は扇状地で水捌けのよい土壌が広く分布し、古来よりブドウ栽培に適した土地でした。特徴的な入り組んだ地形と、複雑な土壌から土地の個性が際立ったブドウが育ちます。

現オーナーである三澤茂計が重んじた勝沼町鳥居平地区は、標高450 メートルの南⻄向き斜面に位置し、ブドウが良く熟すことから、古くより勝沼の銘醸地とされてきました。丘陵地帯の甲州は、平地で育ったブドウと比べ、自然と収量が制限されますが、鳥居平畑のブドウは、さらに凝縮された小さな房となり、先代の時代からこの地域のブドウの凝縮度に着目してきました。
礫混じりの土壌は水捌けが良く、丁寧に一房一房、雨除けのための傘をかけたブドウの熟度を待ち手収穫することで、ワインに果実のあつみや骨格を与えています。
「甲州 鳥居平畑 プライベートリザーブ」は、鳥居平地区の中でも、さらにブドウを厳選し、最上区画のロットをフレンチオークの旧樽にて醗酵後、ステンレスタンクにて貯蔵しました。柔らかな上品な酸味と複雑さを兼ね備えた、長い余韻の味わいです。

産地 山梨県 甲州市勝沼町鳥居平地区
ぶどう品種 甲州
醸造法 フレンチオークの旧樽醗酵
ステンレスタンク貯蔵
タイプ
味わい 辛口
小売価格 オープン価格
 

2020年
2020年は、暖かな冬から春へと季節が移ろい、ブドウの芽吹きは良好でした。その後、開花・結実期までは適雨、多照でブドウは順調に成長しました。一転、梅雨のシーズンになると記録的な長雨、日照不足により、ブドウの生育は停滞しましたが、適切な防除と笠かけを施したところではわずかな被害で済みました。 梅雨が明け、本格的な夏のシーズンに入るとそれまでの日照不足を補うかのような好天が続き、遅延していたブドウの成熟も徐々に回復、甲州の収穫開始は例年並みとなりました 。9月の秋雨や10月の台風14号の影響など、収穫後半まで気の抜けないシーズンとなりましたが、病果を摘粒しながら適切な熟期までブドウを管理し、一房一房丁寧に収穫したおかげで、収穫量は減ったものの、健全なブドウで仕込むことができました。

テイスティングノート

澄んで健全。輝きのあるグレーがかった淡いイエローの色調。香りのボリュームは豊かで、黄リンゴ、黄桃、洋梨の果実香、丁子、白コショウなどのスパイス香、ロースト香があり、複雑な印象。アタックはまろやかで辛口、酸味は丸みを帯びており、口中では香りと同様の果実味が豊かに広がり、長い余韻が楽しめる。優雅さと力強さを兼ね備えた白ワイン。

甲州について詳しくはこちら

 

中央葡萄酒 山梨 甲州 グレイス ワイン topへ戻る