中央葡萄酒 山梨 甲州 グレイス ワイン

WINE LIST

中央葡萄酒 山梨 甲州 グレイス ワイン リスト

中央葡萄酒 山梨 甲州 グレイス ワイン リスト

グレイス甲州

VINTAGE 2019

勝沼は甲府盆地の東端に位置する日本一の甲州の生産地です。
勝沼一帯は扇状地で水捌けのよい土壌が広く分布し、古来よりブドウ栽培に適した土地でありました。
また勝沼では、特徴的な入り組んだ地形と、複雑な土壌から土地の個性が際立ったブドウが育ちます。

「グレイス甲州」は標高400m以上のブドウにこだわりました。
勝沼町鳥居平、菱山地区、深沢地区など、丘陵地帯の標高の高い場所で栽培された甲州は、平地のものと比べ収穫量が制限され、凝縮された味わいになります。
圃場では、秋雨の影響を少なくするため、ひと房ごとに笠掛を行い、充分な成熟を待って収穫。丁寧に栽培収穫されたブドウは、ワイナリーにて冷やされ、優しく時間をかけて圧搾されます。
醸造工程のすべては、科学的な視点を重視しながらも、技巧に頼らず、品種の個性と、地区・区画を熟知した勝沼の土地の個性を表現することに努めています。
世界最大のワインコンクールにて、5年連続で金賞を受賞したワインとして、世界で最も親しまれている甲州です。グレイス甲州にふれて、日本ワインの美味しさを知って頂ければ幸いに存じます。

産地 山梨県 甲州市勝沼町
ぶどう品種 甲州
醸造法 ステンレスタンク醗酵・貯蔵
タイプ
味わい 辛口
小売価格 オープン価格

2019年

ブドウの生育期は少雨、多照で経過して順調な生育促進しました。 7月は、雨や曇天が続き、成熟速度が緩慢となりましたが、8月下旬からの好天のおかげで、夏の遅れを取り戻しました。秋の台風の被害も少なく、熟期を待ち収穫することができました。
非常に澄んでいて輝きのある緑がかった淡いレモンイエロー。香りは豊かで魅力的。フレッシュな洋梨や白桃、スイカズラ、ローズマリー、クローブ、石をイメージするミネラルを感じる。口当たりはなめらか、辛口。躍動感のある酸は持続性があり、味わいの中盤から後半にかけワインの味わいを引き締めている。口中には香りと同様な味わいがあり、後味にほのかな旨味を感じる。繊細かつ清々しく、香りと味わいがうまく調和した白ワイン。

甲州について詳しくはこちら

 

中央葡萄酒 山梨 甲州 グレイス ワイン topへ戻る